雨と雪

いずれ雨も雪もやむでしょう。雨と雪、ふたりの男の話・・・

現実逃避@雪

雪と関係を持つ前だったか・・



雪が運転しながら
これから深い関係になっていくことについて
話していた



私は相変わらずぼんやりと窓の外を見ていて
あまり真剣に聞いていなかったのだけど
要は
「真剣なんだ」「遊びじゃない」
「ずっと先まで考えてる」とか
なんとか、、
そんなことを話していて



私は
「こんな現実逃避みたいなことして」とか
「不倫なんてのは現実逃避以外の何ものでもない」とか
そんな答え方をしていて



雪は「現実逃避・・・」と発すると
黙ってしまった



この後話がどうゆう流れになったのか
思い出せないのだけど。




あれからだいぶ経つけど
今もデートが終盤に近づくと
「ああ、そろそろ夢の時間も終わりね~」と思うし



「じゃあね」と手を振って
自分の車に乗り換えると
「さて、現実に戻りますか」と思う




だからやっぱり「現実じゃない」時間なんだよ


好きになりたくない@雪

色々思うことはありますが
活字にするのは難しく


先日
雪と秋満喫コースで出かけたあとに思ったのです



好きになりたくない と・・・



嫌いだということではなく



[これ以上好きになりたくない」という意味



これ以上好きになったら辛くなりませんか



今どこで何をしている?
今月は?来月は?
何回会える?いつ会える?


携帯のやりとりが遅いとか返信が来ないとか
一日に何度もスマホを見て


配偶者や家庭の話題が聞こえて来るたびに
モヤモヤしたりしませんか
相手の言葉尻を捉えてイラっとしませんか




雪との関係は今とても自由でいい感じなのです


ほんとに私のいいとこ取りです
時間もお金も一切私に負担のないように



ここ最近の雪はとても忙しそうで
もしかしたら
今の状況が精一杯なのかもしれないけど
私が要求したらそれに応えようとするかもしれない



応えてくれるうちはいいけど
私がもっともっととなってしまって
雪が「ちょっと待った!」となったら



私は辛くないですか・・・
(雪の気持ちはちょっと置いといて)


辛い恋愛はしたくないのです



好きになったら辛くないですか


今週末の旅行で私はもっと雪を好きになるかもしれない



でも好きになりたくない



----------------------------------------------------


今日は習い事の大切な大会です
行ってきます

月曜日、いつも通り出社した


私的には何も変わったことはなかった


若い事務員が
酔っぱらった男性社員が
マイクを両手で握って
ブルーハーツのトレイントレインを
熱唱しているのを撮った


その動画を見てダメ出しをし
「楽しかったね」と笑い合ったりした




ただ
現場から上がってくる男性陣が
妙によそよそしかったのはなんとなく感じた



併設されてる別会社の職員(飲み会には参加していない人達)
もなんだか様子がおかしかった



今まで気さくに話かけてくれていた人が視線を合わさず
「お疲れ」と声だけで帰って行った



別にどうでもよかった


週末の飲み会が関係しているなど夢にも思わなかった


噂が静かに流れていた