雨と雪

いずれ雨も雪もやむでしょう。雨と雪、ふたりの男の話・・・

2ヶ月ぶり

雨が車に乗り込んできた


ルームランプが消えないうちから
私は雨に抱き着いてキスをした


雨がギラギラしているのが伝わってきた



車の中で過ごすにしては無理な場所だった



雨が「少し走る?」と言うので
「うん」と答えてハンドルを任せた



雨は走行中だというのに
私のスカートへ手を入れ
「これ脱がないの・・?」と言った



私がストッキングを脱ぐと
雨はベルトを外しズボンを下げた



私はひざ掛けを頭からかぶると
2か月ぶりの雨を口に含んだ



仕事を終えてそのまま来た体だ
雨からはいやらしい匂いがした



私は興奮する自分がわかった