雨と雪

いずれ雨も雪もやむでしょう。雨と雪、ふたりの男の話・・・

いつから

よく考えることがある


私はいつから
雨を男として見たのだろう・・・
いつから
雨を好きと自覚したのだろう・・・


雨は
私が恋愛対象として見るには若すぎた
14歳離れている


雨を(目で)追いかけていると
時折見せる笑顔の可愛さに癒された


肌は白くてきれいだった


言葉遣い
仕事に対する姿勢


プライベートのこと
釣りが好きだとか
バイクに乗ること
手先が器用で日曜大工をしたり


雨の情報が少しづつ蓄積されていく


・・違う


雨の情報をかき集めていた



いつから・・・


やっぱりよく分からない


雨のことがもっと知りたい