雨と雪

いずれ雨も雪もやむでしょう。雨と雪、ふたりの男の話・・・

嘘をひとつ@雪

ストーブに薪をくべていたら何かがポトリ
死んだカメムシでした
そのままストーブへ、、、
数時間後、また薪を足そうと扉を開けると
ものすごい臭いでした
カメムシ恐るべし(ーー;)


嫌われ者のカメムシ
死んでもなお


・・・だけど私そうゆうの嫌いじゃないよ


-------------------------------------------------------------


雪に小さな嘘をついた


私は永いこと同じ業務をしている
「あそこで仕事をしてると今まで何度か
電話番号の書かれたメモを渡されたことがあるけど、、」


「でも私一度も連絡したことないよ」


「だって結婚してるし、、、
独身ならそれも出会いのひとつだろうけど」と





小さな嘘だ
過去に一人だけ、、いる



なんでそんな嘘をついてみたんだろう
別にいくらでも話の流れは逸らせたのに



「私はとても真面目で潔癖なんだから」とでも
言いたかったのだろうか



だとしたら
どの口が言う!?  ってことになるけど