雨と雪

いずれ雨も雪もやむでしょう。雨と雪、ふたりの男の話・・・

少しづつ

私は少しづつ
少しづつ 
雨を見ていた


駐車場に停めてある雨の車
(若いのにずいぶんと落ち着いた車種ねぇ・・)とか
毎日欠かさずお弁当を持って来ていること
(愛妻弁当かしら・・)とか


雨はいつも顎を少し引き気味で
下斜め前方を見ている
うつむいているわけではないが
人の目を面と向かって見たりしない


でも、大人しくて影が薄い
というわけではないらしい


喫煙室ではそれなりに周囲と
コミュニケーションをとっているようで
口数は多くないが言いたいことは
ハッキリというタイプのようだった



ある日
雨が残業をせず
慌てたように定時で帰って行った