雨と雪

いずれ雨も雪もやむでしょう。雨と雪、ふたりの男の話・・・

好き。って言って@雪

結局雪は指輪を取りに行った


約束@雪 - 雨と雪


あのあとしばらくして
「取ってきたよ」と連絡が来て
翌朝デスクの上に置かれていた


雪は思いついたら待てない(^^;


風「ありがとう」と言う私に
雪は「ご褒美~」と言う


誕生日も近いことだし
風「いいよ!なんでも言って」と答えた



数日後
雪が言った


雪 「ねぇ、、ご褒美~(ちょうだい)」
風 「なになに?言って」



雪 「俺のことどう思ってるの・・・
   俺のこと好き?絶対言わないよね。。
   そうゆうの・・


   好きって言って」


   最後は声のトーンが低くなってた



意表を突かれた
風 「なんで・・・なんでそんなこと・・・」



雪 「ごめん、やっぱいいや。言わせるみたいだから
  (風は)そうゆうの言わない人なんだよね・・
   内に秘めるタイプなんだもんね(笑)」 


雪はいつもの笑顔に戻っていた