雨と雪

いずれ雨も雪もやむでしょう。雨と雪、ふたりの男の話・・・

話したい

雨と話したかった


視線は雨を追いかけていた
普通にしてたら話せない・・・


そう思いながらも話かけられないまま
時間は過ぎていく


なんとかきっかけを掴みたくて
思いついたのは


「仕事はどう?大丈夫?続きそう?
困ってることない?
子供は小さいの?
体調は大丈夫?」


いかにも、先輩だから心配してるのよ
そんな話かけ方


雨は答えた
人として普通に
当たり障りなく、、、